失敗しないスマートウォッチの選び方!OS・用途を理解して賢く入手

スマートウォッチの選び方

近未来的なウェアラブル端末のスマートウォッチは、生活の利便性を高めてくれるガジェットです。しかしいざ購入しようと思っても、種類が多くて絞るのが難しいものですよね。しかしOSや用途といったポイントを押さえると、スマートウォッチ選びはスムーズに進みます。押さえるべきポイントを具体的に理解して、ご自身にピッタリのスマートウォッチを見つけましょう。

OSからスマートウォッチを選ぶ

smart

初めに、スマートウォッチのOSを確認しましょう。

お使いのスマホなどと連携させるために重要です。スマートウォッチには、パソコンやスマホと同じようにOS(Operating System)と呼ばれるシステムソフトウェアが組み込まれています。スマートウォッチをスマホやパソコンと連携させて便利に使うためには、デバイス同士のOSが対応している必要があります。iPhoneなら「watchOS」、Androidスマホなら「Wear OS by Google(旧 Android Wear)」のように、連携の可否を確認しましょう。 スマートウォッチ側だけでなく、スマホ側のOSにも注意が必要です。スマホのOSはバージョンにまで気を配りましょう。スマートウォッチとスマホのOSは対応していても、スマホのOSのバージョンによっては連携できない可能性があります。スマホのOSをしばらくアップデートしていないような場合は、必ず「ver◯◯以上」まで確認してから購入するようにしましょう。

用途からスマートウォッチを選ぶ

business watch

OSを把握したら、スマートウォッチで何をしたいのか明確にしましょう。買ってから後悔しないために重要になります。スマートウォッチを使って自分が何をしたいか、説明できるでしょうか。もしも説明できないのであれば、どんな使い方をするか書き出して整理しましょう。あらかじめ用途を想定しておくことで、商品選びの際に絞りやすくなります。

例えばランニング時に利用したい方は、心拍測定、距離計測の機能があるスマートウォッチを選ぶと良いでしょう。防水やBluetooth接続機能もあれば、雨の日でも音楽を聴きながら走れます。バンド部分の素材にシリコンや布を選べば、汗をかいても安心です。実際に運動している自分を想像しながら、必要な機能を洗い出しましょう。

ビジネス利用を考えている方は、デザインが通常の腕時計と似たタイプのスマートウォッチを選ぶと良いでしょう。着信やメッセージの通知、アラームなどの機能を活用すれば、仕事を効率的に進めることができます。例えば消音アラームの設定によって、手首への振動で周りに迷惑をかけることなくタイム・マネジメントできます。時間を区切って集中して仕事に取り組みたい、忙しいビジネスパーソンに最適です。 あらかじめ使うシーンを想定して、用途からスマートウォッチを選びましょう。

用途から逆算して賢く買おう

生活を便利にサポートしてくれるスマートウォッチ。種類が多いため選び方に戸惑ってしまいますが、スマホなどのデバイスと連携できるか、用途に適しているか、といったポイントを押さえれば上手に選ぶことができます。使わない機能をあらかじめ把握することでコスト・パフォーマンスを最大化し、賢くスマートウォッチを手に入れましょう。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です